キャリア

ANAでは運航乗務職(自社養成パイロット)制度を有し、その門戸を広く開いています。
入社後は知識と技倆を習得するための厳しい訓練を経て、副操縦士、機長へと一つひとつのフライトを積み重ねながらステップアップ。
長い時間をかけて、より高みを目指し続けていきます。

イントロダクション

空の入り口は、限りなく広い。

ANAのパイロットになるためにはいくつかのルートが存在しますが、その多くは運航乗務職(自社養成パイロット)。つまりANAに入社後、ゼロから訓練を積み、パイロットになる人がほとんどです。そのため、大学や大学院で航空技術などに関する専門的な勉強を一切していなくても問題ありません。パイロットへの志と適性があれば、学部・学科を問わず、誰でも受験することができます。空の入口は、限りなく広い。大空を飛び回ることに興味のある方は、ぜひ、挑戦してみてください。

訓練

副操縦士昇格のための養成訓練について

入社してから副操縦士になるまでの運航乗務職(自社養成パイロット)の訓練課程概要をご紹介します。

  • 地上配置
    入社後はまずは1年〜2年程度の地上配置から始まり、全国各地のANA拠点にて、空港での旅客業務や営業業務等に携わります。社会人としての基礎とともにANA社員として必要な知識を身につけ、配属先社員との信頼関係を築き、操縦以外の業務の理解を深める狙いがあります。
  • MPL訓練
    MPL訓練では、飛行機を操縦するための基礎知識や技倆を習得するとともに、エアラインの操縦士になるために、より実践的な訓練を行います。訓練機の操縦や機種ごとの専門知識習得、フライトシミュレーターでの訓練、そして実用機訓練を積み重ねてMPL資格を取得します。
  • 副操縦士昇格へ
    MPL資格を習得後、副操縦士昇格に向け最後の仕上げとしての路線訓練を行い、晴れて副操縦士としての乗務資格が与えられます。

運航乗務員として乗務を開始した後も、
パイロットとして高い技倆を
保つために様々な訓練があります。

機長昇格訓練
機長に昇格するための訓練
移行訓練
乗務を行う機種を変更するための訓練
定期訓練
運航乗務員が、その資格を維持するために年に1回受ける訓練
復帰訓練
過去に乗務経験のある型式機への乗務を行うための訓練
任用訓練
運航乗務員が査察機長などの技術上の職務資格を取得するために行う訓練

キャリアステップ

パイロットのキャリアステップ

パイロットは一つひとつのフライトで経験を積みながら、長い時間をかけて高みを目指す仕事です。様々な航空機での訓練と審査を経て、訓練生、副操縦士、機長へとステップアップしていきます。副操縦士昇格後、機長になるまでは約10年。機長になったあとも、新たな機種の操縦資格の取得や後進の育成にも取り組み、パイロットとしての人間力と技倆を高め続けます。

機長
機長としてフライトの経験をつみながら、自信の技倆を磨くとともに後進の指導にもあたる。移行訓練を経て他の型式の乗務資格を取得したり、査察や教官、採用などパイロットとしての知見を生かした地上業務にも従事する。60歳で付加試験に合格すると、シニアCAPとして継続して乗務が可能(最高65歳まで)。
機長昇格訓練
シミュレーターや学科等の訓練を経て、定期運送用操縦技能証明を取得。その後、国やANAの規定を満たすための訓練・審査を経て、機長として認定される。
副操縦士
国内線から乗務を開始して、離着陸の経験を積み、国際線要員に任用されると国際線の乗務も可能になる。また、現機種から他機種乗務への限定変更(移行)を行い、パイロットとしての幅を広げていく。
副操縦士
昇格訓練
基礎訓練、実用機訓練にてMPL取得後、路線訓練を実施
地上配置
ANAの各拠点に配属され、社会人、ANA社員としての基礎を身につける