人財開発

ANAの総合職技術職は、誰よりも航空機を知るプロフェッショナルであることが求められる存在です。その社員一人ひとりの挑戦は、ANAグループだけでなく、航空業界全体の進化を支えているといっても過言ではありません。ここでは、総合職技術職の担っている「ミッション」と「仕事の特長」について詳しく紹介します。

総合職技術職のミッションMission

誰よりも航空機を知るプロとして、お客様に安心を約束する。

最先端テクノロジーの結晶である航空機を知りつくし、蓄積された世界トップレベルの航空機整備・管理能力を駆使して安全な状態にし、「安心」をお客様に約束する。それが、ANAの総合職技術職の使命です。特に、総合職技術職には安全を超える「安心」の創出に対する価値を生み出すことが求められます。例えば機体の一部に不具合が生じた際にも単に原状回復を目指すのではなく、その不具合の発生時期、程度や箇所を基に、他の航空機での再現性の有無や、経年的な発生か否かなど不具合を分析し、改善提案を行う。言わば航空機そのものの品質を進化させる役割が求められます。そうして、お客様にもう一段高い「安心」を提供していくのです。

総合職技術職の仕事の特長Feature

1数多くの仲間たちとANAの翼を守る。

ANAにおいて、整備生産業務に関する全般を担当し、航空機の安全、経済的な整備生産業務の遂行を担うのが「整備センター」です。整備センターは、直接整備を担当する4つの整備部門、そして直接整備部門をサポートするスタッフ部門で構成されています。各部門が相互に協力し、またANAの他部門やANAグループ各社をはじめ、航空機メーカー等社内外のさまざまな分野のプロフェッショナルとのコラボレーションにより、ANAの翼を守っているのです。総合職技術職の使命は、自分一人だけでは達成できない、大きな使命。ANAには、人々の命を支える誇りとやりがい、またその使命と喜びをともに分かち合える数多くの仲間たちが待っています。

マークを押すと詳しい解説が表示されます。

オペレーション
サポートセンター

オペレーション部門に属し、主にパイロットに対して、メーカーから出される技術指示や運航に伴う各種規定の設定や管理を実施する部門です。

閉じる

業務推進部

ANAグループの整備部門(e.TEAM ANA)全体の方向性を考え、各社、関係部門と連携を図りながら方針の実現に向けた総合的な企画、労務人事、財務などを行う総務・企画部門です。

閉じる

技術部

航空技術についての知見を深め、監督官庁、メーカー、関係部署と連携を図りながら、航空機の技術的な仕様や運用に対する整備プログラムや規定・基準の作成などを行う部門です。

閉じる

教育訓練部

整備士の国家資格養成や整備の基礎教育、ヒューマンファクターズなどの訓練計画や実施を行う部門です。

閉じる

品質保証室

ANAグループの高い整備品質を保証・向上するために、監督官庁、関係部署と連携を図りながら、整備士の資格、整備作業の検査や確認制度、労働安全の構築、官庁報告・調整、委託管理など、品質保証の体系・制度の企画・運用を行う。

閉じる

機体事業室

機体に関する生産計画、技術、ドックやラインの現業など多岐に亘る領域において、最適な整備生産計画体制を構築し、実行する部門です。

閉じる

部品事業室

エンジンや装備品に関する生産計画、技術、調達、現業など多岐に亘る領域において、最適な整備生産計画体制を構築、実行する部門です。

閉じる

ドック整備部門

航空機の飛行時間やサイクル毎に定められた点検、修理、改造などを、主に格納庫(ドック)において、整備作業を実施する現業部門です。

閉じる

ライン整備部門

夜間を含めた到着から出発までの運航間において、点検、修理を主に空港内で整備作業を実施する現業部門です。

閉じる

装備品整備部門

航空機に搭載しているコンピューターやレーダー、計器類、空圧・油圧機器などを分解し、点検、修理、改造を実施する現業部門です。

閉じる

原動機整備部門

航空機の心臓とも呼ばれるジェットエンジンを分解し、点検、修理、改造を実施する現業部門です。

閉じる

e.TEAM ANAとは

ANAグループのエアライン3社の整備部門とANAグループの航空機整備会社5社でANA便の総合品質を追求する8社の総称です。世界トップクラスの総合品質を各社はもちろんのこと、TEAM全体としても追求し続ける集団として構成されています。これら8社は空の安全を担い、ANA便をご利用いただくすべてのお客様に対して、「安全を基盤として、お客様に安心して満足していただける品質を、競争力のあるコストで提供していくこと」を目指しています。

2最先端の技術に挑戦できる

最先端の技術を駆使する航空機開発において、お客様の生の声や運航データなど日々膨大な情報が蓄積される航空機使用の現場で働くANAのエンジニアからの意見はとても重要視されます。そのため、新機種の開発では航空機メーカーと私たち航空会社が強固なタッグを組むケースがほとんどです。ボーイング787の世界初導入でも、MRJによる国産ジェット機開発でも、ANAはそのスタートから大きく携わっています。また、あらゆる航空機メーカーや部品メーカー、修理会社にとって、カスタマーであるANAの存在が欠かせない理由がもう一つあります。それは、世界でも類を見ない、日本独自の運航環境です。四季による寒暖差や湿度の高さ、また離発着回数の多さは、航空機にとって相当に過酷な環境であるため、ANAの整備に関するデータやノウハウは世界中のメーカーにとっても貴重なものなのです。もちろん世界で初めて経験をする不具合も少なくありません。ANAのエンジニアは、当該不具合が発生している機器や部材の目的、機能、材料などの情報と過去の経験を駆使し、修理方法をメーカーに提案し、いち早く修理が実施でき、安全な飛行機となるよう日々挑戦しているのです。このような観点は、世間一般では知られることが少なく、ANAの整備という領域の広さを物語っています。

3世界を舞台にしたビッグビジネスで活躍できる

例えば、スタッフ部門に属する総合職技術職は現状のみならず、中長期的将来を視野に入れ、整備全体の仕組み作り、機体や部品の購入や整備計画に深く携わります。また費用に関する額においては、1機100億円以上、年間総整備費用も約1200億円を超える予算を預かっています。もちろんビジネスパートナーはメーカー、ベンダー、整備関連会社など海外が中心となります。語学力はもちろん、コミュニケーション能力を駆使し、厳しい交渉に臨むことも多くあります。そこで、このような一般的に求められるビジネススキルに加えて、総合職技術職は製造や委託先での整備における「品質」を管理し、維持・向上させる役割があります。つまり機体や部品に求められる「品質」や「技術」に精通していなければなりません。総合職技術職は、技術者としての視点とビジネスパーソンとしての視点の両方を有することで、世界を舞台にしたANAのビッグビジネスを支えているのです。

4エアラインエンジニアの専門性を生かした多様なキャリアが存在する

総合職技術職は、エアラインエンジニアとして、ANAグループの航空機整備業務の全般を担う総合職です。主に活躍する部門として、は、 「品質保証」「生産計画」「総務企画」「整備技術」「運航技術」「教育訓練」「整備現業」があります。またそれ以外にも、本社部門やグループ会社、さらには航空機、エンジン、部品メーカーへの出向や、新型機種の開発プロジェクトへの参加などがあります。このような多様なキャリアは、入社後に配属される「整備現業」からスタートします。ANAが人材育成の中でこだわる「現場」は、「整備現業」でしか培うことができない「知識」「技量」「経験」により専門性の基盤を若年期に形成することにより、今後の多様なキャリアに対応することができるのです。

↑