Entry My Page

自社養成パイロット

message

訓練生

※ANAでは学部・学科不問の自社養成パイロットに加え、一部、
提携大学からライセンスを取得して入社するケースもあります。

挑戦する会社で、自分も挑戦し続けたい。

幼い頃、よく祖父に実家近くの伊丹空港に連れて行ってもらいました。大きな音を立てながら離発着するジェット機や空港という非日常的な空間にワクワクしたことを覚えています。その後、中学生くらいから空港で働きたいと漠然と思うようになり、大学を選ぶ際に産学連携でパイロットを養成する学部があることを知ると、その思いはパイロットへと向かいました。大学で航空ライセンスを取得したうえでANAを選んだのはチャレンジする文化に惹かれたから。当時、ANAはちょうど世界で初めてボーイング787機の導入を決めた頃でした。その他にも航空会社として新しい試みに挑戦していく姿を知り、自分もここで挑戦を続けることで、パイロットとして大きく成長していきたいと思うようになったのです。

地上配置を経験し、より気が引き締まった。

入社後はまず航空会社の多様な現場を知るために地上業務を経験することに。私の配置先はパイロットやCA、整備士の訓練を行う訓練センターでした。ここでは主に国内外で行われるパイロットの訓練に関する調整や手配、訓練センターへの来客の対応などに携わる中で、飛行機が様々な人たちに支えられて飛んでいることを改めて実感しました。また、パイロットやCA、整備士の訓練を実際に間近で見ることができたことで、これからANAのパイロットを目指す立場として、いっそう気が引き締まったことを覚えています。そして、2年弱の地上配置を終え、いよいよ副操縦士の昇格訓練へ。私は同期の仲間と合流し、大型機でのシミュレーター訓練から参加しました。その後、路線訓練へと続くのですが、すべての訓練で求められるレベルが高く、より安全で、より快適なフライトを追求していく姿勢を叩き込まれました。

大胆に見えて、パイロットは繊細な仕事。

訓練を受ける前から、パイロットという仕事が「安全第一」であることは重々承知しているつもりでした。しかし、訓練を受ける中で「ANAはここまで安全を追求するのか」と驚かされることばかりです。たとえば、コックピットには数多くの計器類がありますが、そのスイッチの操作1つにも安全への根拠が求められ、パイロットはその意味を常に考えながら操作していることを知りました。また、航路も想像以上に綿密に決まっていますし、気象状況はじめ、あらゆる変化に対応するための事前準備も相当なレベルで求められます。パイロットの仕事は大胆に大空を飛んでいるようで、実はかなり繊細な仕事なのです。さらに、訓練を通して強く意識するようになったのが、「2人で安全を追求する姿勢」。訓練期間中も操縦者とサポート者の役割を入れ替えながら、昼も夜も何度も何度も自分たちで練習を繰り返しました。

全員で昇格し、その後は機長を目指して。

今後の目標はまず、これから始まる実機による路線訓練を経て同期全員で副操縦士に昇格することです。その後、それぞれの理想とする機長を目指していきたいと思います。また、ANAでは「アサーション」ということを積極的に行っているのですが、これは副操縦士であっても機長が間違っている、誤解していると感じることがあれば、上司部下に関係なく積極的に口に出していこうというものです。こうした安全へのこだわり、話しやすい雰囲気といったANAの伝統は、私たちももっと吸収していきたいと思います。これからパイロットを目指す学生の皆さん、訓練はとても厳しいですが、だからこそ仲間と協力し、乗り越えた時の達成感もとてつもなく大きい。さらに、その経験も、仲間も、自分にとってかけがえのない財産になるはずです。

自社養成パイロット

↑