Entry My Page

自社養成パイロット

パイロットのキャリアステップ

ANAでは自社養成パイロット制度を有し、
その門戸を広く開いています。
入社後は知識と技倆を習得するための
厳しい訓練を経て、
副操縦士、機長へと一つひとつのフライトを
積み重ねながらステップアップ。
長い時間をかけて、より高みを目指し続けていきます。

INTRODUCTIONIntroduction

空の入り口は、限りなく広い。

ANAのパイロットになるためにはいくつかのルートが存在しますが、その多くは自社養成パイロット。つまりANAに入社後、ゼロから訓練を積み、パイロットになる者がほとんどです。そのため、大学や大学院で航空技術などに関する専門的な勉強を一切していなくても問題ありません。パイロットへの志と適性があれば、学部・学科を問わず、誰でも受験することができます。空の入口は、限りなく広い。大空を飛び回ることに興味のある方は、ぜひ、挑戦してみてください。

TRAININGTRAINING

副操縦士昇格のための養成訓練について

入社してから副操縦士になるまでの自社養成パイロットの訓練課程概要をご紹介します。

column
運航乗務員として乗務を開始した後も、パイロットとして高い技倆を保つために様々な訓練があります。

機長昇格訓練

機長に昇格するための訓練

移行訓練

乗務を行う機種を変更するための訓練

定期訓練

運航乗務員が、その資格を維持するために年に1回受ける訓練

復帰訓練

過去に乗務経験のある型式機への乗務を行うための訓練

任用訓練

運航乗務員が査察機長などの技術上の職務資格を取得するために行う訓練

CAREER STEPCAREER STEP

パイロットのキャリアステップ

パイロットは一つひとつのフライトで経験を積みながら、長い時間をかけて高みを目指す仕事です。様々な航空機での訓練と審査を経て、訓練生、副操縦士、機長へとステップアップしていきます。副操縦士昇格後、機長になるまでは約10年。機長になったあとも、新たな機種の操縦資格の取得や後進の育成にも取り組み、パイロットとしての人間力と技倆を高め続けます。

自社養成パイロット

↑