ANAの仕事は、地味で泥臭い。
最初は驚いたけれど、
今は社員の情熱を感じている。

蓑島 枝里
人財戦略室 ANA人財大学
2009年入社 外国語学部英米語学科卒

CLERICAL STAFF

私が感じた居心地の良さを多くの人に届けたい

INTERVIEW 01

学生時代は航空業界ではなく、別の業界へ進むことを考えていました。一方で自分が身近に感じられる会社も受けてみたいと思ったことが、ANAグループに興味を持つきっかけとなりました。私は北海道出身で大阪の大学に進学したこともあり、ANAの飛行機に乗る機会が多かったのです。

進学したばかりの頃は一人で飛行機に乗る機会はほとんどなかったので、空港で戸惑うこともたくさんありました。そんな時、ANAの空港係員の方たちが丁寧に対応してくださったのが心強くて。以来、飛行機に乗る時はANAを選ぶようになりました。月並みかもしれませんが、航空業界に進むならANAグループを選んで、私が空港で感じた居心地の良さを多くの人に届けたいと思いました。

部署、会社を飛び越えた連携。これがANAグループのDNA

INTERVIEW 02

航空業界には華やかなイメージを持つ方も多いと思います。私も学生時代はそう感じていました。でもANAの舞台裏を知ってイメージは大きく変わりました。お客様に快適な空の旅を楽しんでいただくために、裏では多くの人がこつこつと地道な仕事をしています。どちらかというと、華やかさとは正反対の“泥臭い”仕事が多いと言っても過言ではありません。入社後、「裏方の仕事はこんなに大変なんだ」と驚いたのを今でも覚えています。でもみんながお客様のことを考えて黙々と動く。入社してしばらくすると、泥臭さから“熱い気持ち”が伝わってくるようになりました。

仕事は地道で大変ですが、ANAグループの社員は一人ひとりが仲間を気遣い、チームワークを大切にしながら日々の業務に取り組んでいます。たとえば私の業務が重なり、オーバーフローな状態になっていると「これは私がやるから、あなたはこっちをやって」「ここを連携していこう」と自然に声をかけてもらえます。だから私も誰に教わったわけでもないのに自然に周囲を見て、業務分担をするようになりました。チームワークは、部署を飛び越え、会社を飛び越えて繋がっています。これがANAグループのDNAなのでしょうね。

厳しい指導も、チームワークの形

INTERVIEW 03

入社して間もない頃、私はある仕事で失敗したことがありました。その部署にはとても厳しい先輩がいて、私のミスに対してただ怒るだけでなく、「なぜ失敗したのか、誰に迷惑をかけたのか、どのように改善するべきかをレポートにまとめること」と指示されました。入社したばかりだからまだ業務をうまく遂行できないこともあるし、忙しいからレポートをまとめる時間なんかない。でも先輩はたびたび私にレポートの提出を指示します。正直、「何で?」という思いでした。

今はこの先輩にすごく感謝しています。ミスをそのまま終わらせるのではなく、振り返ることで原因を理解し、同じ失敗を繰り返さないようにする。当時は厳しいと感じましたが、後輩の指導がとても上手な先輩だったのだと思っています。これもチームワークのひとつの形です。

ANAグループの源泉である“人”に関わる仕事がしたい

INTERVIEW 04

『ANAグループ人財公募』という制度を利用し、昨年から人財戦略室の人財大学でANAのグローバルスタッフ職(事務)とグループ採用連携を担当しています。入社してからずっと、私はANAグループの“人”に惹かれてきました。その源泉となる“採用”に携わる仕事をしたいと思ったのが、公募を利用したきっかけです。

現在の部署に異動してから、これまでの仕事以上にたくさんの人と関わるようになりました。そしてANAグループの魅力を直接学生のみなさんに伝えることができるのは大きなやりがいになっています。まだ異動して日が浅いこともありいろいろなことを勉強している最中ですが、採用において今以上にANAグループを横断する動きができたらと考えています。

CAREER

2009
ANAビジネスソリューション(株)収入管理事業部 ANA精算デスク
国内線旅客における収入管理業務を担当。
2011
ANAビジネスソリューション(株)営業本部 東京支店
ANAグループ内営業・コーディネーター業務を担当。
2013
ANAビジネスソリューション(株)営業本部 東京支店
外販営業サポート、コーディネーター、お客様向け研修・イベントの企画・実施を担当。
2016
全日本空輸(株)出向。人財戦略室 ANA人財大学
グローバルスタッフ職(事務)採用、グループ採用連携を担当。
社員の所属ならびに所属名称については、2017年3月現在のものとなります。