Interview

入社以来、目の前に映る世界は、広がり続けている。 アジア・オセアニア室マーケティング&セールス 渡邉 勝 1994年入社 社会学部観光学科卒 入社以来、目の前に映る世界は、広がり続けている。 アジア・オセアニア室マーケティング&セールス 渡邉 勝 1994年入社 社会学部観光学科卒

走りながら考える、という共通点。

大学では観光学部に所属。就職活動では当初、ホテルや旅行会社を中心に受けていました。私自身は常に走りながら物事を考えるタイプ。就職活動中も進路を決めつけ過ぎず、様々な業界を見て回りました。その中で惹かれた1つが航空業界。海外に行くチャンスがあり、多彩な職種が揃っていることに魅力を感じたのです。ANAに決めたのは、自分と同じように走りながら考える会社だと思ったから。とにかく元気な印象がありました。そして、その社内の活気は20年以上経つ現在も全く変わりません。入社後の最初の配属は空港勤務です。ここで、まずは客室乗務員(CA)の乗務スケジュールの作成や運用を経験しました。これまでは野球という男性ばかりの世界にいた私が突然、700人近い女性に囲まれる世界に飛び込んだのです。緊張しましたね(笑)。具体的な仕事内容は、CAの方々のフライトスケジュールを組み立てること。CAとのコミュニケーションを重ねながら、やりがいと公平性を意識して調整していきました。その後は空港での案内業務や搭乗手続きを行うグランドホステス(GH)の世界へ。今回は自分自身もGHの方々と同じ業務を担当しました。数秒、数十秒という限られた接客時間の中で、いかにお客様の要望や不安を解消し、ANAのファンになってもらうか。フロントラインの緊張感、難しさ、そして面白さを実感した仕事でした。

空港で過ごした5年間が、仕事の原点。

空港サービスの究極の姿は、お客様が「サービスを受けている」という感覚も得ないほどスムーズに航空機に搭乗できることだと私自身は考えています。例えば、今では当たり前のように定着した「優先ゲート」も検査場に向かう途中に置いてある「小物入れのカゴ」も当時はありませんでした。「お客様の手間を1秒でも削るにはどうすればいいか」、同時に「空港全体の最適化を図るためにはどうすればいいか」と全員で知恵を出し合い、議論を重ね、時にはバカをし合ったりもしながら一つひとつ自分たちの手で実現していったのです。空港で過ごした5年間は、私の仕事の原点です。現在は異なる業務に従事していますが、空港サービスの改善はライフワークとして、いずれまた取り組んでみたいと考えています。そうした思い入れの強い空港業務を経て、次に異動した先は名古屋支店の営業部。当社の国際線の利用者を増やすための法人セールス及び旅行代理店セールスという仕事を担当しました。

営業と調査の仕事で、大きく広がった視野。

現在では国際線も日本でNo.1というポジションを獲得しているANAですが、当時は、国内線は強かったものの、国際線になると圧倒的に存在感の薄い会社でした。そうした状況下で、お客様である企業や旅行代理店に「価格ではなく、価値で選んでいただけるANAになりたい」と考え、社内外を奔走しました。特に意識したのが、個社ニーズを掴むこと。「定時性」を強く求める企業もあれば、「座席」や「食事」にこだわる企業、「マイレージ」の内容で航空会社を決定する企業もありました。エアラインビジネスの営業はその違いを見極め、的確な提案ができるかが勝負の鍵を握ります。数字として結果が見える仕事は手応えもあり、空港とはまた異なる面白さを経験できました。そして、入社16年目には調査部に異動。空港・航空の産業政策に関わる調査や航空業界に付随する諸問題の調査が主な業務だったのですが、この仕事を経験したことで視点も視野も大きく変わっていきました。例えば、国際線に関する法律があれば、これまでは「どう遵守するか」といった視点でしか見ることができませんでした。しかし、ここでは「ANAが国際間の競争に勝ち抜くためには今あるルールをどう変えていくべきか」といった視座も求められたのです。調査部に私が在籍していた頃はちょうど「航空自由化」が進んでいる真っ只中だったこともあり、世界各国の航空会社や海外市場の存在をより意識するように。自分自身の「海外」に対する興味も加速していきました。

戦略の入り口から出口まで、自分たちの手で。

約5年間の調査部での業務を経験した後、シンガポールにあるアジア・オセアニア室に異動となりました。この部署では日本と中国を除く、アジア全体のマーケティング業務全般、さらに広告・宣伝、PR、WEB、航空券販売、デジタルマーケティングといった多岐にわたる業務が展開されています。また、訪日需要の掘り起こしも私たちの大切な役割の1つ。日本人と同様に、その国の人々にどうANAを知っていただき、好きになり、乗っていただくかというストーリーを考え、実行に移しています。英語ではまだまだ苦労することも多いですが、戦略の入口から出口まで自分たちで考えられる環境で仕事ができる日々は充実の一言です。加えて、もう1つの大きな興味がWEBの世界。エアラインビジネスの未来を考える上でも、大きな可能性を感じています。入社から24年間。私の目の前に映る「世界」は広がり続ける一方です。

↑