ミッションと仕事の特長

ANAグループ全社員の想いのバトンを引き継ぎ
フライトの中でお客様にお届けする、
リレーのアンカーとなるのがANAのCA。
ここでは、CAの役割と仕事内容、
そして普段どのようなスケジュールで
仕事をしているのかを紹介します。

ミッション

ANAのフライトは、1日に約1000便。日本と世界の主要都市をネットワークし、便ごとに異なる気象条件のなか、その便のために結成されたチームメンバーと力を合わせて、国籍も年齢も旅の目的も異なる一人ひとりのお客様に安全で快適な空の旅を提供すること。それが、私たちCAの役割です。

仕事内容

お客様の安全を守る「保安業務」を行うとともに、お客様に機内で快適に過ごしていただけるようさまざまな「サービス」にあたります。

航空会社の最も大切な使命は、お客様を安全に目的地までお届けすること。その使命を客室内で保安要員として担うのがCAの大切な仕事です。保安要員としてのCAの業務は、有事の際だけではありません。離着陸時のお客様の手荷物の収納や、シートベルトの着用の確認はもちろんのこと、サービスをしている間も機内に異常はないか、体調不良のお客様はいないかなど、どんな小さなことも見逃さないよう、常に様々な角度から機内の安全状況を把握し、対応していきます。
お客様の安全を守るためには、新人・ベテラン関わらず、すべてのCAが保安業務を完璧に行わなければなりません。

お客様に機内で快適に過ごしていただくために、CAはあらゆる角度からお客様のフライトをサポートします。
機内で行うサービス業務は、食事や飲み物などの提供、機内販売、到着地のご案内など多岐にわたっています。それは決して同じ仕事の繰り返しではなく、それぞれのCAが一人ひとりのお客様に合わせて創意工夫を凝らしてサービスしています。
サービスは、CA一人ひとりの感性とスキルの上に成り立っています。フライトの中でスキルを身につけていくとともに、人としてさまざま経験を重ね、感性を磨くことを通して、長い時間をかけてサービスの幅を広げていきます。

column

フライトの品質を高め続けるために

フライトの品質を高めるために、一人ひとりのCAが、サービスの手際の良さ、食事やワインなどの知識、語学力、ANAの商品知識などを高める努力をしています。また、フライトを通して気づいたことや、お客様からのご意見をブリーフィングなどで共有し、レポートとして会社に伝達。その結果改善されたことや、新しく生まれたサービスも多数あります。CAはお客様と機内での時間を共有してさまざまなニーズを汲み取る、マーケティングの役割も担っているのです。

スケジュール

ANAのCAは、入社後の専門訓練を終えたあと、すぐに国内線・国際線ともに乗務します。特定の路線のみを担当するのではなく、ANAが就航している全路線に乗務します。ミーティングや広報PRなど、フライト以外の業務もあります。