CAの仕事

ANAのCAは、
それぞれの持ち味を発揮しながら、
成長し続けられる環境にあります。
ここでは、まず初フライトまでの専門訓練、
一人ひとりの個性と
意欲に応じた多彩なキャリアパスを紹介。
長く働き続けるための
ライフサポートについて説明します。

専門訓練Training

ANAのCAとして必要な、基本的な知識と行動をしっかりと身に付けるため、入社後約2ヶ月をかけて行われる専門的な訓練です。1クラス20名程度で、保安業務とサービス業務について学んでいきます。一人前の客室乗務員として認められ飛び立つことを目標に、クラス全員で切磋琢磨して日々のカリキュラムに向き合います。ANAのクルーに必要なチームワークもこの訓練の中で学んでいきます。

保安訓練
いつ、いかなる状況でもお客様を守れるように。

フライトにおいて、お客様の安全を守りぬくことはCAの大切な業務です。新人CAとベテランCAは経験値としては違いがあるものの、保安に関する知識は同等に完璧でなければいけません。そのために、緊急時の対応や、安全を確保するために普段から行うべきことを、保安訓練で徹底的に学んでいきます。

訓練は、機内で的確に保安業務を実践できるよう、iPadに入った運航マニュアルをもとに、座学と実技を組み合わせて行われます。知識と行動が伴うようになるための訓練は覚えることも多く、簡単ではありません。しかし、たくさんのテストをパスし、この訓練を乗り越えることによって、緊急事態が発生したときも冷静に、自信を持って対応できます。 すべてはお客様の安全を守るため。訓練を終える頃には、一人前のCAとして、しっかりとお客様を守れる知識と技術、そして自信が身につきます。

保安訓練のカリキュラム例
  • ・航空知識(飛行機の構造、専門用語、運航に関する知識)
  • ・日常保安安全業務
  • ・非常用機器実習(消火器、非常用酸素ボトルなどの使用方法)
  • ・緊急事態発生時の処置
  • ・スライディングとスライドラフト(ボート)実習
  • ・救急看護、機内搭載の医療品の使用方法
  • ・ミスを防ぐためのマネジメント
その後も・・・

年に一度の定期緊急総合訓練で保安知識の確認と実習を行い、常に完璧な保安業務ができるようにしています。また、事例共有や安全情報の閲覧、ブリーフィングや班ミーティングでの話し合いにより、全CAが常に安全に対する高い意識を保てるよう、様々な教育や取り組みを行っています。

サービス訓練
ハイレベルなサービスを実現するための基礎を学ぶ。

お客様の望むものを想像し、自分の創意工夫によって質の高いサービスを行っていくためには、CAが行うべきサービスの基礎をしっかりと身に付ける必要があります。入社後のサービス訓練では、フライト中のサービス手順や、ANAのCAにふさわしい身だしなみや立ち居振る舞いなどを身に付けることができます。

例えば、カートを使ったサービスでは限られた時間で手際よく、すべてのお客様にお食事やお飲み物が行き渡るようにするための手順を学びます。また、美しく見えるメイクアップや、国際的に通じるマナー、聞き取りやすい機内アナウンスなどもハイレベルなサービスを実現するためには欠かせません。ここでしっかりとその土台を身に付けることによって、フライト中の様々な気付きを、自分なりのサービスとしてお客様に提供していくことができるようになるのです。

サービス訓練のカリキュラム例
  • ・ANAブランドコンセプトについて
  • ・サービスマインド(顧客心理の理解)
  • ・国内線プレミアムクラスサービス実施方法
  • ・バリアフリー(おからだの不自由な方のケア、車椅子操作実習など)
  • ・機内販売実施方法
  • ・立ち居振る舞い、言葉遣い
  • ・ANAブランドを体現するメイクアップ、身だしなみ
  • ・保安/サービスに必要な英語
その後も・・・

実際のフライトの中で、同乗するクルーから自分なりのサービスのポイントや、成功事例を学ぶことができます。また、お互いの気づきを共有する場として、フライト前後のブリーフィングや、レポート共有の仕組みがあり、日々スキルアップしていく環境があります。

キャリアパスCareer Paths

ANAでは、2014年よりCAをこれまでの契約社員採用ではなく、正社員として採用しています。これによって、契約社員採用時より、入社時からさらに大きな役割と期待を担うことになりました。国内線からキャリアをスタートし、9ヶ月から1年ほどで、国際線乗務の資格を取得したあとは、国内線・国際線の両方に乗務します。担当できるクラスもエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスと順次増えていきます。同時に、チーフパーサー・パーサーというフライトの責任者業務や、班リーダーなど、組織をまとめ人を育てる役割も担っていきます。

ANAのキャリアパスは、固定化したものではないのが特長です。早い時期にスタッフアドバイザーとして地上勤務を経験するCAもいれば、まずフライトでのスキルアップを進め、国際線チーフパーサー、ファーストクラス担当などフライトのエキスパートを目指すCAもいます。一人ひとりの個性や意欲に応じ、ステップアップの道筋は多様です。

フライトでのステップアップ
チーフパーサー

クルーをまとめ、フライトを統括する客室の最高責任者。フライトがよりよいものになるよう、機内の状況を正しく判断し、的確な指示を出しつつ、業務を通じてCAが成長できる環境を整える重要な役割を果たしています。

ファーストクラス担当

お客様一人ひとりのために最高の空間を創りだし、厳選された最上級のサービスによって新しい快適を体験していただくのがANAのファーストクラスです。接遇のプロフェッショナルとして、高いスキルと経験が必要です。

多彩なキャリアパス

ANAには、専門的なスキルや経験を身に付けたCAが活躍する場が多様に広がっています。

  • インストラクター

    新入社員が受ける専門訓練や、国際線移行時の訓練、定期緊急総合訓練などを担当します。教育・育成の立場から、ANACAのスキルアップ、品質向上に大きく寄与しています。

  • スタッフアドバイザー
    (地上勤務)

    CAとして経験を積み、これまでに培った知識や専門性を活かし一定期間地上勤務を行います。機内サービス企画や広報、採用、VIP担当など、活躍のフィールドは多岐にわたります。

  • 管理職

    80名程度のCAをまとめ、班のリーダーと連携して部下の特性や課題に応じた指導・育成を行うインフライトマネージャーなど、約180名のCA管理職が組織運営の中核を担っています。

モデルケース
2006年入社CAの例
2006年 入社
2008年
(2年目)
国際線エコノミークラス・ビジネスクラス乗務開始
2009年
(4年目)
国内線チーフパーサー
2010年
(5年目)
国際線エコノミークラスパーサー
2012年
(7年目)
スタッフアドバイザーとして広報に異動。TVや雑誌等のメディアの取材に応じるなど、社会に向けてANAのPRをする業務に携わる。
2001年入社CAの例
2001年 入社
2003年
(3年目)
国際線エコノミークラス・ビジネスクラス乗務開始
2005年
(5年目)
国内線チーフパーサー/
国際線エコノミークラスパーサー
2008年-
2010年
第1子懐妊・育児休職(2年2ヶ月)
2011年
(11年目)
国際線ビジネスクラスパーサー
2011年
(11年目)
班リーダー
2012年- 国際線ビジネスクラスパーサー

ライフサポートLife Support

ANAでは、すべてのCAがスキルを高め、キャリアの可能性を広げながら成長していける環境を用意しています。結婚や出産を経験しても、安心して職場に復帰し、その経験をやりがいや強みに変え、長く働いていけるような様々なサポートメニューを用意しています。

ANAのCAは約6,000名。そのうち、既婚者は約2,000名。出産後も仕事を続けているママさんCA、現在懐妊・育児休職制度を利用しているCAの総数は、約1,400名(全体の約4分の1)。このように、多くのCAが仕事と家庭を両立させられるのは、様々な制度をきちんと活用できる環境があるだけでなく、普段の仕事においてもママさんCA同士のコミュニケーションが活発だからです。フライトの合間にお互いの悩みを共有したり、先輩ママからのアドバイスをもらえたりと、仕事と家庭の両立を皆でバックアップしていく風土があります。

ANA CA 6,000名

次世代育成支援認定マーク(愛称「くるみん」)

ANAは、2009年8月、
次世代育成支援対策推進法に基づき厚生労働省より
「次世代の育成支援に積極的に取り組む企業」として
認定を受けました。

妊娠〜育児期間に十分な休職ができることももちろんですが、安心して職場に復帰し、育児と仕事を両立させていけることが大切であると私たちは考えています。家庭の育児環境は人それぞれ。ですから、個々のCAのケースに合わせて適切なサポートができるよう、様々な仕組みを用意しています。

★育児日
子どもが小学校3年生修了時まで月間3日間取得可能な特別休暇

★育児看護日
小学校入学時前の子どもを養育する社員が、育児や看護を目的に年間5日間習得可能な特別休暇

その他の制度
自己啓発のための休職制度
社内キャリアに活かせる能力・スキルの向上を目的とし、留学やボランティア等、自己の視野拡大の機会として最長で1年間休職できます。
配偶者海外転勤休職制度
配偶者の海外転勤に同行し、一定の要件の下で最長2年間休職できます。
社員向けオープンセミナー
ビジネススキルやグローバリゼーション、リベラルアーツなど様々な分野のセミナーを受講できます。
通信教育・スクール費用補助制度
自己啓発のための通信教育や、スクールの費用の一部を補助します。
総合職社内公募制度
本人の希望があり、一定の基準を満たした者は総合職掌への転換にチャレンジできます。
短日数勤務制度
小学校3年生以下の子どもがいる社員、また満40歳に達した社員は、年間の休日数を最大243日に希望することができます。(通常の休日数は年間126日)この制度を利用した場合、月間の勤務日数は10日程度となります。
※育児日との併用はできません。
↑