採用担当者ブログ

2017.5.22

最近のフライト

皆様、こんにちは。
石井です。

だんだんと全国的に暑くなってきましたね。
急に暑くなり、室内でも熱中症になることがあるそうですので、皆さんも水分補給されながらお過ごしになってくださいね。
私はこのような時期には、かき氷やアイスクリームなど冷たい(&甘い)ものについつい目が行ってしまいます。

さて、私たち客室乗務職採用担当は普段は地上勤務という形で採用活動をおこなったりセミナーを実施していますが、客室乗務員として定期的にフライトもしています。
私も先日フライトをしてきましたが、その際にも客室乗務員としてお客様の前に立ち保安・サービスの業務をおこなうということの責任感を改めて感じました。
セミナーや説明会等で、「機内には様々なお客様がお乗りになっていらっしゃる」というお話をさせていただきましたが、私が乗務したその日の便でも、修学旅行の学生の皆様や楽しそうにされているご家族旅行の方、仕事先に向かわれるであろうビジネスパーソンの方、日本を旅行中の外国人の方など、様々な方と出会いました。
どのような方にとっても、「すべてのお客様がご満足いただけるような、安全で快適な空間づくり」が必要なんだなと改めて感じました。

そして、私たちANACAは機内においてどのように行動したら「すべてのお客様がご満足いただけるような、安全で快適な空間づくり」をおこなっていくことができるのかということを常に考えています。
私がフライトした際も、まずはフライト前におこなうプリブリーフィング(顔合わせ)の時に、今日はどのようなお客様がいらっしゃるのだろうか・天候はどのような見込みなのか・それらを踏まえどのように安全を守り、快適な空間を作り出すのか、ということを事前に十分話し合ってフライトに臨み、またその日のクルーからも、前回のフライトを参考にして「今日はこうしていこう」という意見を出し合いました。このプリブリーフィングを通しても、チーム全員でフライトを作り上げる気持ちを再確認しました。

同じく私がフライトした際に、とても嬉しいことがありました。
昨年の就職活動で出会い、選考期間を一緒に過ごした今年度入社の新入社員の方と、同じ便で同乗のクルーとして再会したことです!
その方と最後にお会いした時は、まだ客室乗務職内定者と採用担当としてでしたので、同じ仲間・クルー・社員としてフライトをおこなうというのが、とても新鮮でしたし嬉しかったです。
そしてフライト中もその方と近くのエリアで一緒に仕事をおこない、選考を通してこの方とこんな話をしたなぁ・・というような色々な思い出が蘇ってきて、とても懐かしい気持ちになりましたし、一人のANACAとして素敵に成長されている姿を見て、本当に涙が出そうになりました。
今後もそのような出会いがあると思うと、より一層フライトが楽しみです。

いつか、これを読んでいる皆様がANACAとしてフライトされることになった際は、同じフライトに同乗することもあるかもしれませんね。
その日を今から楽しみにしています。

IMG_2335.JPG

この写真は先日、出張で飛行機に乗った時に窓から写したものです。
お客様と一緒に富士山や夜景の様子をフライト中に見て、お客様との会話が進んでいく時もあります。
夕方から夜に変わる景色は好きな風景の一つです。