採用担当者ブログ

2017.4. 5

憧れの先輩CA

皆さん、こんにちは。採用担当の山本です。
私の家の近くの桜もやっと咲き始めて春らしくなってきました。
さて、今日は皆さんに「憧れの先輩」についてご紹介しようと思います。
学生の皆さんからANAで働き続けている理由は何ですか?という質問をよく頂くようになり、改めて自分自身を振り返りどうしてだろうと考えてみたことがあります。フライトの中でのお客様との出会い、いつでも支えてくれる同期、長く働くことをサポートしてくれる制度、挙げてみるといくつか思い浮かびましたが、そのうちの一つである尊敬できる先輩が多いということを改めて感じました。CAとして、そして1人の女性として、憧れの先輩を今日はお話しますね。
その先輩とは、数年前私の班長を務めていた方でずっと心に残っている言葉があります。
当時、国際線のエコノミークラスのパーサーの勉強をしていた私は、緊張しやすい自身の性格もあり、プリブリーフィングの時に不安そうな顔をしていたのだと思います。そんな私を見て、機内に向かう前にこんな言葉をかけてくれました。
「きっと今、慣れないことを前に緊張しているでしょう。でもフライトは1人だけで頑張るものでなく、パーサー以外のクルー皆が協力してくれるから大丈夫。今日山本さんがお客様のために、チームのために、と思ってやりたいことは全部やってください。そして、何か失敗してしまった時には私も全力でフォローするし、皆で解決しましょう。」
その言葉を聞いた時に、すっと肩の力が抜けてお客様のことや一緒にフライトをするチームのことを純粋に考えられるようになった自分がいました。そして、そのフライトを終えて帰着した際には、その頑張りをずっと陰で見守ってくれていた先輩からこんな素敵なカードを頂き、今でも社員証ケースの裏にいれて大切に持っています。IMG_0873.JPGのサムネイル画像自分の成長を見守ってくれる先輩がたくさんいたり、このように褒め合う文化が根付いているのもANAならではなのかなと思います。Good Job Cardについてはまた今度ゆっくりご紹介させてくださいね。


このフライトの経験から安心して失敗させてくれる環境を創り出してくれた先輩の姿に心から尊敬しましたし、私は今年入社8年目を迎え後輩の方々とフライトを一緒する機会が多くなってきたので、こういった先輩の姿を見習い、私も一緒に働く仲間の気持ちに寄り添うことのできるCAになっていきたいなと思っています。