採用担当者ブログ

2017.4. 3

入社式で記憶に残った光景 

皆さんこんにちは、相澤です。

先日行われた入社式の様子をニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかと思います。
当日、東京は冷たい雨が降り、花冷えの一日となりましたが、飛行機を前にして行う入社式は何度経験しても感動してしまいます。

入社式にはANAのグループ会社が集い、選考や懇親会で顔なじみとなった同期と声をかけあう姿が微笑ましく、各社の採用担当者もその姿に見入っていました。


式典のなかで、とても印象に残った光景がありましたので、その話をさせていただきますね。

ANAホールディングスの片野坂社長は、安全への決意やANAグループ一丸となって歩んでいく心構えを伝えるとともに、お客様から実際にいただいた社員へのお礼の手紙を紹介しました。

様々な部署の社員の連携が、就職を機に離れて暮らすことになるご家族の絆を繋ぎ、お客様とそのご家族ににとって一生忘れられない想い出となった、という話でした。

新入社員も静かに聞き入り、涙を流す人もたくさんいました。
この仕事は誰かの人生の大切な場面に立ち会うこともあります。それをあらためてお客様から教えていただいたように思います。

そして、そのご家族の顔を思い浮かべて涙を流す、優しくまっすぐな心を持った方達をANAにお迎えできることに胸が熱くなり、しっかりその想いを受け止められる会社でありたいなと思う一日でした。
入社式飛行機.jpg