Strategy

持続的な成長の実現に向けて、
新たな5年間の成長戦略

ANAグループは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、そしてその先の持続的な成長の実現に向けて、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定しました。
足元の経営環境は、アジア・新興国の経済成長などを背景とした航空需要の拡大や旺盛な訪日需要に加えて、2020年の首都圏空港の発着枠拡大など、ANAグループが大きく成長するビジネスチャンスを迎えます。
このような環境において、航空事業については、引き続き、経営の基盤である安全の堅持、定時性をはじめとした基本品質に徹底的にこだわり、安全と品質・サービスを追求するとともに、競争力の源泉である人財や成長領域への投資を積極的に進めていきます。
また、フルサービスキャリアとLCCの両事業を展開するエアライングループとして、お客様の多様なニーズにお応えし、顧客満足度の向上につとめていきます。
さらに、ANAグループが様々な事業を通じて蓄積してきたデータを分析・活用することで新たな価値を創出し、グループの収益を拡大します。
本戦略の実行を通じて、政府目標である訪日4,000万人の達成に貢献するとともに、地方創生・超スマート社会の実現や様々な社会課題の解決にも積極的に取り組み、世界のリーディングエアライングループとして、日本と世界の発展に寄与していきます。

1. 国際線旅客事業

成長の柱として路線ネットワークを拡大

  1. 首都圏空港(羽田・成田)を拠点に事業を拡大
    2020年の首都圏発着枠の拡大に向けて、競争力の源泉となる人財の確保や育成、オペレーション基盤の強化を図った上で、2020年に拡大する発着枠を最大限活用し、国際線ネットワークを拡大します。
  2. ホワイトスポットへの進出、提携戦略の推進
    未就航エリアへの路線拡大を図るとともに、海外エアラインとの提携も進化させます。
  3. 新たなプロダクト・サービスの展開
    路線ネットワークの拡大に加えて、競争力ある新たなプロダクト・サービスを順次展開します。
    2019年春よりハワイ路線にエアバスA380型機を導入し、新たなコンセプトによるサービスを提供します。
  4. 新機材の導入
    エアバスA380型機や、ボーイング787-10型機、ボーイング777-9X型機等の最新鋭機材を導入し、お客様の快適性向上を図ります。
ANA国際線の拡大イメージ
ANA国際線の拡大イメージ ANA国際線の拡大イメージ

2. 国内線旅客事業

ANAグループの
収益基盤を維持・向上

  1. プロダクト・サービスの強化
    全席にシートモニターを装着したエアバスA321neo型機の導入をさらに進めるとともに、2019年度下期以降、国内線の主力機であるボーイング777・787型機にも順次シートモニターを装着します。
    2018年4月より無料化する機内Wi-Fiインターネットサービスをはじめ、プロダクト・サービスの向上にも取り組み、新たな国内線の過ごし方を提案していきます。
  2. 機材小型化による需給適合
    機材の小型化による需給適合や運賃のイールドマネジメントの推進などにより、ANAグループの収益基盤を維持・向上します。
    国際線・国内線の乗り継ぎ利便性のさらなる向上を図り、旺盛な訪日需要を取り込みながら、国内最大の路線ネットワークを活用して地方創生にも貢献していきます。

3. 貨物事業

首都圏・沖縄貨物ハブの
ネットワーク再構築で成長を加速

  1. 首都圏ハブ(成田・羽田): アジア=北米間の需要獲得、大型フレイターの導入
    中長期的に需要拡大が見込まれるアジアと北米間において、航空機エンジン・自動車などの大型貨物や、リチウムバッテリー・医薬品などの危険品・特殊品を大量輸送できる大型フレイターを新たに導入します。拡大する旅客便ネットワークとフレイターの相乗効果により、伸び行く需要を積極的に獲得していきます。
  2. 沖縄貨物ハブ : マーケットを見極めた最適ネットワ-クの構築
    沖縄貨物ハブについては、アジア域内の航空貨物の流動を的確に見極め、常に最適なネットワ-クを構築します。沖縄貨物および首都圏ハブの両機能を最大限に活用し、貨物事業の更なる成長を目指します。
首都圏(成田・羽田)ハブモデル / 沖縄貨物ハブモデル ANA国際線の拡大イメージ

2018‐2022年度
ANAグループ中期経営戦略